ナビゲーションを飛ばして本文へ
  • チャンネル1 市長記者会見
  • チャンネル2 堺市勢
  • チャンネル3 堺旬ナビ
  • チャンネル4 発掘!堺
  • チャンネル5 堺シティレポ
  • コンテンツガイド
  • 視聴環境ガイド
  • YouTube版へ

笑顔と元気を広げる~堺少女歌劇団~(テキスト)

 堺少女歌劇団は、平成26年(2014年)9月に設立された、堺市に拠点を置く歌劇団です。

 堺東商店街連合会が中心となって、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの支援を受けながら運営しています。

 

Q:「なぜ堺少女歌劇団に入ろうと思いましたか?」

歌劇団員:「将来私は女優さんになりたくて、ここで演技を教えてもらいたかったので入りました」

歌劇団員:「私もきれいな衣装を着てダンスとか歌を歌いたいなと思って入りました」

 

Q:「堺少女歌劇団に入ってよかったことは?」

歌劇団員:「団結力とか学ばせていただいて、すごくためになるなと思いました」

歌劇団員:「ダンスもうまくなれたし、歌も上手になれたから、それが一番良かったです」

 

 戦前、堺市大浜公園はリゾート地として有名でした。

 その名物として、大正13年(1924年)、大浜少女歌劇が誕生。宝塚歌劇と並んで絶大な人気を集めていました。

 

 しかし、昭和9年(1934年)の室戸台風で歌劇場は大きな被害を受け、大浜少女歌劇は解散となります。

 

 その少女歌劇を、堺のにぎわいづくりのために復活させたのが堺少女歌劇団です。

 

 堺少女歌劇団は、現在、小学校1年生から中学校3年生までの総勢86名で構成されています。

 専用レッスン場では、月曜日から金曜日まで1日2時間、本格的なダンスと声楽のレッスンが行われています。

 堺少女歌劇団の設立当初から講師を務める仙堂花歩さんに聞きました。

 

Q:「歌劇団員に期待することは?」

仙堂先生:「バレエとか歌、芸事の世界はやっぱり厳しいので、すぐには上手にならないので忍耐力が必要だと思いますし、あとは一つの舞台を作り上げていくという点では、仲間とのつながりも大切にしていかなければならないので、人として、まずどうあるべきか、精神力も鍛えつつ、そしてもちろん芸事のテクニックも上げてほしいなと思っています。

どんな職業についてもコミュニケーション能力が高いほうがいいと思いますし、人に対して思いやりの持てる素敵な輝ける女性になっていってほしいなと思います」

 

堺少女歌劇団は、お祭りやイベントなど様々な地域の活動に参加。

歌やダンスを披露するだけではなく、周りの人々に笑顔を広げています。

 

Q:「お祭りやイベントでの活動はどうですか?」

歌劇団員:「いろいろな人と触れ合えて、お話などもできてすごく楽しいです」

歌劇団員:「みんな見に来てくれてありがとうございますという気持ちを忘れずに、いつも舞台に立たせていただいてます」

 

堺のまちと、少女一人ひとりの夢が詰まった「堺少女歌劇団」を応援してください。

 

Q:「将来の夢は?」

歌劇団員:「タカラジェンヌです」

歌劇団員:「女優です」

歌劇団員:「舞台女優です」

歌劇団員:「ミュージカル女優です」